TOP 医師転職について

医師転職のコンテンツ一覧
医師転職について
医師転職で精神科の指定医になる
医師転職の勤務日について
医師転職を考えているなら
意外に多いのが医師転職
医師転職の際に直接応募するメリット

医師転職について

医師は勤務医として大きな病院に勤務する場合と、開業医として自分で病院をもち、医業の傍ら経営も行う働き方などがあります。

また医業を行わず、医学に関連した研究を続ける研究者としての仕事もあります。大学の医局に残って、医業を行いながら大学講師や大学教授として新たな医師の教育に努めるという働き方もあります。

近年は医療技術の高度化や医療の細分化が進み、医師はより日々最新技術や情報を取得しなければならなくなっています。

また、医師が転職したり勤務先の病院を探すことですが、様々な方法があります。以前は、病院に掲示されている医師求人を見たり、新聞などの求人広告を見るなどの方法しかありませんでした。

しかし、近年ではインターネットの普及により、医師転職サイトも充実したものが増えました。医師を目指す人は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょう。

非常勤医師の転職。医師の非常勤、アルバイトについて

医師転職で精神科の指定医になる

医師転職をしたいと考えている方に一つの方法として精神科医が挙げられます。

最近ではストレスを抱えた方が多いためか精神科医の求人数は少なくありません。そのため指定医の有無を問わないような医師求人に対しては直ぐに応募が殺到してしまうということが多いですが、指定医を持っていたり内科領域の経験も豊富であれば精神科の医師転職も有利になりやすいです。

また他診療科からでもすぐに受け入れられるという傾向にあります。スムーズに良い求人の転職先が見つかる可能性が高く、給与は西日本よりも東日本の方が相場が高めな場合が多いです。

医師転職の関連記事

医師転職の勤務日について

医師転職に積極的に挑戦をするにあたり、勤務日を予めきちんと決めることがポイントとして挙げられます。大手の病院やクリニックの対応の良しあしに関しては、様々な媒体で紹介されることがありますが、いざという時に備えて、同年代の人々のアドバイスを参考にすることが良いでしょう。

また、医師転職の成功者の感想は、ネット上でしばしばピックアップされることがありますが、複数の役立つ情報源を見つけることが大事です。その他、医師転職のスケジュールについて迷っていることがあれば、転職サイトを活用することが望ましいといえます。

メニュー

医師の転職ガイドトップページ 医師転職 女性の医師転職 医師求人 医師求人サイト 医師バイト 医師アルバイト レンタルオフィス 医師求人情報 小規模レンタルオフィス

当サイトへのお問い合わせはこちらから。医師転職の気になるコンテンツをチェック。医師アルバイト(医師バイト)や非常勤、常勤の医師求人を比べて働き方を見直してみましょう。

医師転職を考えているなら

医師転職を考えているなら、今すぐにでも今の仕事を辞めて転職に専念して方がいいのではと考える人が多いのですが、実際にはある程度平行して同時進行していた方が安心です。

当然普段の仕事をしながら、転職活動もしますので大変は大変ですし、やらなければならないことが沢山あって、忙しくなるのも事実です。

しかしもし転職がうまくいかなったら?お金は振ってくるわけではありません。いくら貯金があったとしてもそれを食いつぶしてしまうようでは困ります。また退職金も2,3年働いただけでは出ない所も多いです。それでしたら多少無理をしてでも頑張って働いて給与をもらいながら、活動してみませんか?

意外に多いのが医師転職

医師転職は意外に多いのです。ひさしぶりに病院に行くと、いつもあった医師の名前が、ほかの医師の名前に代わっていること事も多いです。

開業医でもなければ、一生涯同じ病院で勤務する医師は少ないです。親が高齢になり親元に帰らなければいけないとか、子供が小さいなどの家族の事情で、当直や残業の少ない病院への転職を希望する事もあります。都市から地方への転勤を命じられて、単身赴任を避ける為に転勤を考える事もあります。

最新の治療法や新しい技術を習得するために、地方から都市への転勤を望むこともあります。医師の転職は医師本人に代わってエージェントがサポートしますので安心です。

医師転職の際に直接応募するメリット

医師転職の際に、転職エージェントなどを利用する人が少なくありませんが、直接応募にもメリットはあります。エージェントなどが介入することなく、直接応募した場合には、応募先と直接接することになります。

応募先の採用担当者や配属予定の部署の責任者などと直に接触することができるため、細かな点を直接確認したり、自分自身をアピールする場を得ることも可能です。

他の職業と同様に、医師転職の際にも短期間での複数の転職は決してプラスイメージとはなりません。そのため直接に応募することも選択肢として検討し、じっくりと自分に合った転職先を探すことが大切だといえるでしょう。